忍者ブログ

健康トレンド

健康情報

JOKIN AIR エアコンに簡単設置でお部屋やオフィスの空間を除菌・消臭!


話題性のある商品などがいっぱいニュースフィールドに表示されますがJOKIN AIR エアコンにつけるだけ 空間除菌の話題をご存知ですか。

なにかと話に引き合いに出されたりきっと意識して情報を集めたりしている方もいると思います。

私もこれを機会にJOKIN AIR エアコンにつけるだけ 空間除菌に関することを簡単に調べてみました。

一昨日も、JOKIN AIR エアコンにつけるだけ 空間除菌を簡単に調べてみましたがGニュースでもニュースになっているんだと思いました。

いろいろな商品が世の中にでて来て日頃の利便性が向上するというのは、良いことですね。



私たちの生活環境の中には目に見えなくても、身近に数え切れないほどの菌が生息しています。

毎年インフルエンザをはじめノロウイルス、ロタウイルスなど強力な感染症への対策が呼びかけられています。

外から帰ってきたら手洗いやうがいで予防しますが、家の中やオフィスの中にも目に見えない菌が沢山生息しています。

そこでおすすめなのが、お部屋の中をまるごと除菌、消臭してくれる、

エアコンに簡単設置でお部屋やオフィスの空間を除菌・消臭 JOKIN AIR


エアコンにつけるだけ!空間除菌












このJOKIN AIRは、エアコンに簡単に取り付けるだけで、除菌効果にすぐれた二酸化塩素をシャワーのように部屋の隅々までいきわたらせて、部屋の空間をまるごと除菌、消臭することで見えない恐怖から私たちを守ってくれます。


二酸化塩素とは、高い酸化力を持つことからウイルス除去、除菌、さらには消臭等に力を発揮します。

二酸化塩素のその効果は実験で実証されています。

たとえば、ウイルス不活性試験では、浮遊ウイルスを99%除去

細菌の不活性化試験では浮遊細菌を99%除菌

また、気になるにおいに関しても、消臭試験では臭気ガスを99%消臭と満足の行く結果をたたき出しています。

空間を除菌・消臭してくれるJOKIN AIRは、クリニックや保育園でも使われていて高い評価を得ています。


確かな実績と新時代のノウハウがつくりあげた今までにない空間除菌、消臭アイテムがJOKIN AIRです。


エアコンにつけるだけ!空間除菌












今日の健康ニュース

課題は“誤診”と医師選び 「慢性胃炎治療」の意外な落とし穴 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151117-00000019-nkgendai-hlth


 日本人の6割に胃炎があるといわれている。

慢性的な胃炎を引き起こすヘリコバクター・ピロリ菌が、胃がんなどの原因になっていることは知られているが、それを放置している人がまだまだ多いということ。

医師にも問題があるという。

 慢性胃炎にかかっている人は、ほぼ100%がヘリコバクター・ピロリ菌に感染している。

感染があると、ピロリ菌を退治しようとして大量の白血球が胃の粘膜に集まり、サイトカインという物質が放出される。

しかし、ピロリ菌は胃の粘膜ではなく胃粘液の中を泳いでいるため、サイトカインが届かない。

そのため“誤爆”で自分自身の粘膜を傷つけることになり、炎症を引き起こす。

 日本消化器病学会専門医の江田証氏(江田クリニック院長)は言う。

「アルコールやストレスなどが原因になる急性胃炎なら、放置しておいてもそのうち改善します。

胃の粘膜は再生力が強いので、一時的な炎症があっても元に戻るのです。

しかし、ピロリ菌によって起こる慢性胃炎は、除菌しない限り続きます。

粘膜はジワジワと破壊され続け、そのうち粘膜がペラペラになってしまう萎縮性胃炎が進みます。

これが、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの原因になるのです」 胃とは関係ない病気も引き起こす。

慢性胃炎があると、サイトカインも放出され続ける。

サイトカインは全身の血管を巡って免疫の働きを狂わせ、慢性じんましん、慢性頭痛、悪性リンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病といった病気の原因になる。

 血管も傷つけられるため動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中のリスクもアップ。

また、脳神経系にも大きな影響を及ぼし、アルツハイマー型認知症の発症リスクが2倍になるという報告もある。

 まさに“万病のもと”といえる慢性胃炎をしっかり治すには、ピロリ菌を除菌するしかない。

「ピロリ菌を除菌すると、半年ほどで慢性胃炎はなくなります。

すでに萎縮性胃炎になっている人も、10年弱で胃の粘膜が再生して萎縮が改善します」(江田氏)■万全を期すなら他の検査法も ただ、慢性胃炎の治療には落とし穴がある。

これといった自覚症状が出ないため、気づかずに放置している人が多いこともそうだが、“誤診”も少なくないという。

 現在、全国の都道府県で「ABC検診」と呼ばれる胃がんリスク検診が行われている。

「ピロリ菌感染の有無」と「ペプシノーゲン検査」(胃粘膜から分泌されるペプシノーゲンの血中濃度を測定し、萎縮の進行度を診る)により、胃がんにかかりやすい人をスクリーニングする有益な検診といえるが、これだけでは感染を見落とすケースがあるという。

「ABC検診では、ピロリ菌がいない人をA群、ピロリ菌に感染していて胃の萎縮が軽い人をB群、萎縮がひどい人をC群に分けます。

さらに、過去にピロリ菌に感染していたものの、胃が荒れすぎたためピロリ菌が自然消滅した人はD群に分類しています。

D群の人は〈もうピロリ菌を除菌する必要がない〉と判断されるのですが、D群の人を尿素呼気試験で調査した研究によると、実際には50%の人にピロリ菌が存在し、除菌が必要だったのです」(江田氏) 加齢が進むと血液中のピロリ菌の抗体の値が自然に下がってきて、消えてしまう人がいるのが見落としの原因だという。

検診で「ピロリ菌陰性」と診断されても、万全を期すには他の検査法でも調べたほうがいい。

「診てもらう医師にも気をつけてください。

ひと昔前の医師は、慢性胃炎を〈年をとれば誰にでも起こるもので、放っておいても問題ない〉と誤って解釈していました。

こうした古い考えにとらわれている医師も、残念ながら少なくないのです」(江田氏) 慢性胃炎を治すなら、新しい知識を持った「日本ヘリコバクター学会認定ピロリ菌感染症認定医」に診てもらうべし。

















PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

P R

  • SEOブログパーツ