忍者ブログ

健康トレンド

健康情報

うつ病治療ハンドブックについて


いつかは調べてみようと思っていたうつ病治療ハンドブック。

調べてみました。





うつ病治療ハンドブックに関する内容を耳にした事はありますか。

注目したくなる商品などが常日頃ニュースフィールドにあがってきますが、誰もが注目するうつ病治療ハンドブックだけあって、話題を確認している人もきっと多いのではと思っています。

いろいろなうつ病治療ハンドブックが世の中にでて来て日常の新鮮さが向上するのは、よい事だと感じます。

記事などを少々引用しますね。

ほかの細かなツイートやニュースはパソコンなどであなた自身でググルなどして調べて欲しいと思います。








うつ病治療ハンドブック―診療のコツ

内容(「BOOK」データベースより)
うつ病は原因も病像も多様で、再発したり慢性化したりすることのある精神疾患である。そのため、患者本人やその家族の苦しみは大きく、社会的にも大きな問題となってきており、早期発見や早期介入、症状が改善した後の社会復帰の仕組みが徐々に整えられつつある。その中で、本書では中間領域である「治療そのもの」の改善を目指し、うつ病・抑うつ症状についての最新のデータ、理解の仕方、多面的な治療法、そしてそれらを補う「臨床的知見」や治療のこつを収録した。単に教科書的な知識を並べるのではなく、第一線で活躍されている臨床家の方々の、日々、現場で工夫されていることが記述の中心となっている。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大野/裕
1978年慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部精神神経科学教室。1985~88年コーネル大学医学部visiting fellow。1988年ペンシルベニア大学医学部clinical visit。1989年慶應義塾大学医学部精神神経科専任講師。2002年4月1日~慶應義塾大学保健管理センター教授(医学部兼担教授;精神神経科学教室、衛生学・公衆衛生学教室)。2005年~厚生労働科学研究「自殺対策のための戦略研究」地域介入研究班リーダー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

うつ病治療ハンドブック―診療のコツ
うつ病治療ハンドブック―診療のコツ大野 裕

金剛出版 2011-01
売り上げランキング : 470413


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



うつ病治療ハンドブックの商品一覧





"

思春期病棟を新設 県立精神医療センター 港南区に12月オープン http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00111766-kana-l14


 老朽化した芹香(きんこう)、せりがや二つの県立精神科病院を統合し整備された「県立精神医療センター」(横浜市港南区芹が谷)が、12月1日にオープンする。

中高生を対象にした思春期病棟を新設したほか、救急病棟や依存症病棟などを備え、県内の精神科医療の中核病院としての役割を担っていく。

 芹香病院敷地内に建てられた本館は、鉄筋コンクリート地上5階建てで延べ床面積は約1万8400平方メートル。

このほかに平屋の療法棟と体育館を合わせて総事業費は約62億円。

 外来と入院治療を行い、病床数は290床。

個室の割合を4割から7割に増やし、免震構造を導入したほか、建物内に外光を採り入れた中庭を随所に配置して療養環境を改善した。

 新たに始める思春期医療は専門の外来と病棟(30床)で実施。

12~18歳を対象とし、思春期特有の行動障害のほか、近年増えている発達障害や思春期うつ病などに対応。

来年4月に院内学級の設置も検討している。

 礒崎仁太郎医師は、思春期病棟での治療のメリットについて「同世代がお互いに交流することで治療効果をもたらし合うことや、自分の生き方の指針となるようなモデルを同世代に見つけられる効果などが期待できる」と説明している。

 このほか本館には県の精神科救急医療システムの基幹病院としての役割を担う救急病棟(70床)、慢性難治のうつ病治療を実施するストレスケア病棟(30床)などがある。

アルコールや薬物依存症に多職種チームで対応する依存症病棟(45床)では危険ドラッグの依存症患者の治療も期待されている。

 今後、うつ病の非薬物療法の開発など臨床研究の充実や災害派遣精神医療チームの活動支援などにも力を入れていくという。

 オープンに先立ち15日、関係者を集めた開院式が行われ、黒岩祐治知事は「新しい病棟は窓がいっぱいで明るく、新しい精神医療がここから始まると感じた。

皆さんとともに育てていきたい」とあいさつした。












PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

P R

  • SEOブログパーツ