忍者ブログ

健康トレンド

健康情報

蒸し大豆レシピについて

蒸し大豆レシピってすこし気になりませんか?気になる方は調べてみましたので立ち読みしてください。

近頃ニュースなどで蒸し大豆レシピというのがかなり己の閲覧画面に流れているように感じます。

蒸し大豆レシピはこれ迄全然気にした事もなかった情報ですが頻繁に目につくので気になって少し確認しました。

実際にiPhoneで確認をしてみたのですが蒸し大豆レシピって多少なりともニュースになっていますね。

良い機会だと言えるので、この記事でも蒸し大豆レシピの記事などを多少なりとも引用してみますね。

より細かなツイートやニュースはグーグル検索などでご自身でサーチをして調査をしてみて欲しいと思います。



大豆は、長時間の低温蒸しが、驚くほど、うまい


ミツル醤油 2号桶3回目製麹 蒸し大豆掘り出し




血管が若返る! 驚異の蒸し大豆パワー

NHK『あさイチ』で特集された「蒸し大豆」がいま話題です。
蒸し大豆とは水煮大豆とは異なり、圧力鍋などで“蒸した"大豆のこと。
大豆は、たんぱく質やビタミンB1、B2、大豆イソフラボンなどの栄養成分を豊富に含み、
更年期障害の改善や高血糖&高コレステロール改善に効果的です。
蒸し大豆にすると大豆の栄養価もさらに高くなり、うま味も増しておいしくなります。
本誌では、蒸し大豆の作り方から蒸し大豆を使った糖質控えめなレシピまでを大判で紹介します。

血管が若返る! 驚異の蒸し大豆パワー (TJMOOK)
血管が若返る! 驚異の蒸し大豆パワー (TJMOOK)大柳 珠美

宝島社 2014-09-16
売り上げランキング : 198398


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


蒸し大豆の商品一覧













ヤフーニュースより引用


煮豆よりも栄養豊富、納豆よりも幅広い応用力! 大豆製品のニューウェーブ「蒸し大豆」とは? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150125-00000002-mocosuku-hlth


納豆やテンペなど、ここ数年、大豆を原料とした食材が話題を呼んでいます。その背景には大豆に含まれる豊富な栄養素が再評価されていることも影響していますが、最近新たな大豆製品が注目を集めているのをご存知でしょうか。それは、「蒸し大豆」。納豆顔負けの栄養はもちろん、その使い勝手の良さも大きな特徴のようです。煮豆よりも栄養豊富、納豆よりも幅広い応用力! 大豆製品のニューウェーブ「蒸し大豆」とは?
◆多様な栄養をまるごと摂ることができる
まず、大豆に含まれる栄養素をおさらいしておきましょう。
大豆には「5大栄養素」がバランス良く含まれています。「5大栄養素」とは、筋肉や血液を作る「たんぱく質」、エネルギーの元になる「炭水化物」「脂質」、身体の調子を整える「ビタミン」、身体の機能を維持調整する「ミネラル」です。これらをバランス良く取り入れるのが健康な生活を送る上で重要であり、大豆はそうした食生活をする上でとても効率のいい食材といえます。

また、「5大栄養素」以外にも、大豆にはコレステロールを低下させる「レシチン」、ビフィズス菌を増やす「オリゴ糖」、整腸効果などがある「食物繊維」、骨粗しょう症の予防や更年期不調を整える「イソフラボン」など、現代人の健康を支える重要な要素が多数含まれています。

そしてご存知の通り大豆は、日本の食卓に様々な形で取り入れられています。まるごとそのまま食べられる煮豆や枝豆をはじめ、納豆や豆腐、油揚げなどの加工食材、味噌や醤油など調味料と、特に和食のあらゆる部分で大豆は使用されています。我々日本人は、気がつかないうちに大豆の栄養素を摂取してきたのです。

もちろんそれらさまざまな加工食材でも大豆の栄養素は部分的に取り入れられますが、加工・製造過程で取り除かれてしまうものも少なくありません。すなわち、最も大豆の栄養を効率よく取り入れるには、大豆をまるごと食べることがポイント。それには納豆や煮豆、そして「蒸し大豆」が当てはまるのです。


◆煮豆よりも栄養豊富、納豆よりも幅広い応用力
大豆をそのまま食べる代表格と言えば、これまでは「煮豆」が挙げられましたが、長時間煮る過程で「たんぱく質」や「イソフラボン」など大切な栄養素が水に溶け出してしまいます。一方「蒸し大豆」であれば、それらの栄養素も逃がすことなく丸ごと食べられます。

また、「納豆」は蒸し大豆に匹敵するほど、大豆の栄養素がそのまま残っていますが、ご存知の通り「納豆」は発酵を経て特有のにおいと粘り、食感が発生します。これをおいしいという人ももちろんいますが、一方で苦手な人も少なくありません。また、においや味も強く、他の料理と合わせて使うには個性が強い側面があります。

「蒸し大豆」のもうひとつの特徴は、大豆の味がほぼそのままで、他の食材と合わせやすいこと。そのため、様々な形で食べることが可能で、結果的に豊富に大豆を取り入れることができるのです。


◆大豆の味が活きていてそのままでもおいしい
「蒸し大豆」を使ったレシピは、「蒸し大豆」を販売するメーカーを中心に、インターネットでも多数見つけることができます。例えば「やわらか蒸し大豆」や「スーパー発芽大豆」などを販売する「マルヤナギ」のサイト内のレシピページでは、豚汁に入れたり、ポテトサラダに混ぜたり、おにぎりに和えたりと、あらゆるジャンルの料理で取り入れることができることを紹介しています。

また、スナック感覚でそのまま食べることも「マルヤナギ」ではオススメしています。実際に「スーパー発芽大豆」をそのまま食べてみましたが、蒸しただけだからか、煮豆よりも大豆そのものの味と香り、食感が色濃く、自然な風味でむしろ加工されたスナックよりも贅沢なおいしさを感じました。

小腹が空いた時でも、せっかく食べるなら栄養素が豊富にある方がいいのは当然。食事の場面だけでなく、あらゆる形で食べられるこうした応用の幅の広さも、「蒸し大豆」が注目される大きな要因といえそうです。

マルヤナギ
http://www.mainichi-daizu.com















PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

P R

  • SEOブログパーツ